読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マイル小僧のマイペース修行記&旅日記

駆け出しの陸マイラーによるマイル集め奮闘記&旅日記。2017年にSFC・JGC修行をはじめました!

シドニーSFC修行 プレエコ旅作の旅(その4:現地での移動編)

ANA SFC修行 海外旅行記 シドニーSFC修行

 こんにちは、マイル小僧です。

今回は前回に引き続き、シドニープレエコ旅作SFC修行について紹介します。今回は特に、現地での観光について詳しくレポートします。

「せっかく飛行機でシドニーに行くなら現地でも充実した時間を過ごしたい!」という方はぜひご覧ください。

(プレエコシドニーSFC修行その1の投稿)

(プレエコシドニーSFC修行その2の投稿)

(プレエコシドニーSFC修行その3の投稿)

シドニー到着⇒ホテルへの移動

到着から入国審査まで

f:id:milekozou:20170403204805j:plain

シドニー空港には、現地時間の午前10:00頃に到着しました。

出発時には暗くて分かりませんでしたが、確かにスターウォーズJETでした(笑)

さて、空港で入国審査を受けようと思ったら、長蛇の列です。
事前に調べた情報では、プレミアムエコノミーを利用するとExpress Passという優先レーンを使えるチケットをもらえるとのことでしたが、とくにそのようなものはもらえなかったので、列に並びました。

空港からまずはホテルに荷物を預けに行きます。電車での移動も検討しましたが、旅作を購入する際、電車賃よりも安く送迎サービスを手配するセールに乗っかることができたので、車でホテルの目の前まで送迎してもらえました。混乗送迎でしたが、自分一人と夫婦1組だったので送迎車内はガラガラ。何とも快適な移動となりました。

旅作を利用する際は、空港からホテルまでの混乗送迎の値段をチェックしておくと良いかもしれません。
(因みに復路は送迎の価格が高かったので、地下鉄を利用しました。)

旅作で最安値のホテルを選んだら…

旅作で旅程を組む際、宿泊するホテルも選択する必要があります。
今回は、選択できるホテルの中で最安値のものを選びました。

選んだホテルは「アビーホテル(Abey Hotel)」です。

最安値ということで全く期待していませんでしたが、良い意味で期待が裏切られました。

ホテルの外観はこんな感じで、少しオシャレです。

f:id:milekozou:20170403212948j:plain

まず、ホテルに到着したのは昼の12時前でした。チェックイン開始は14:00だったので、荷物だけ預かってもらうつもりでした。

窓口で荷物を預かって欲しいとお願いすると、既に部屋の準備が整っているとのことで、無料でアーリーチェックインさせてもらえました。ラッキーです。

部屋は3階でした。部屋の前には何とこんなものが…。

f:id:milekozou:20170403213620j:plain

そして、部屋に入ると…

f:id:milekozou:20170403213405j:plain

今回、自分一人での宿泊だったにもかかわらず、ベッドが二つもありました(笑)どっちで寝ようか悩みます…(笑)

そしてこの部屋、一人で泊まるにはとても広かったです。

f:id:milekozou:20170403213511j:plain

f:id:milekozou:20170403213525j:plain

f:id:milekozou:20170403213532j:plain
バスタブまでありました。

旅作最安値のホテルでしたが、この充実っぷりです。

おそらく、ANAの旅行商品ということで、最安値でもそこそこのランクのホテルにしてあるのだと思います。Expediaで調べたところ、同じ部屋が1泊およそ13,000円でした。

最安値なので予約するときには少し不安でしたが、次回からは思い切って最安値の宿を選ぶことができそうです(笑)

ホテル到着後、現地での移動は…

アビーホテル、部屋は良かったのですが、駅からは少し距離がありました。

Central Stationからは徒歩20分ほど、Museum Stationからは徒歩10分強ほどでしたが、見知らぬ土地なので、歩いていて退屈しません。駅からホテルの間は毎回歩きました。

現地で使う交通手段は、専ら電車でした。タクシーは一切使っていません。

電車を何度も使う予定があるなら、OPALカードをコンビニで買うのがオススメ。

滞在中に何度も電車を使う予定だったので、毎回切符を買うのが面倒だと思い、このようなカードを仕入れました。

f:id:milekozou:20170403215945j:plain

f:id:milekozou:20170403220011j:plain

opalカードです。なぜか駅では購入できないので、セブンイレブンで購入しました。

セブンイレブンの店員にopalカードが欲しいことを伝えると、チャージ金額を聞かれます。30AUD(オーストラリアドル)を希望すると、20AUDか40AUDの2択だと言われたので、20AUDを選択しました。
支払った額はぴったり20AUDです。デポジット金は取られないようですね。

このカードさえ手に入れば、シドニー市内と近郊都市の電車・バスは全てこのカードで乗ることができます。日本でいうとSUICAICOCAのようなものです。

購入は駅ではできませんが、チャージは駅で可能です。現金だけでなく、クレジットカードでのチャージも可能なので、とても便利でした。
チャージのことは現地では「TOP UP」と呼びます。TOP UPと書かれてある端末でチャージすればOKです。

また、乗車前にタッチすることを「TAP ON」、降車後にタッチすることを「TAP OFF」と言います。忘れずにTAP ON、TAP OFFして下さい。

このカードを持っていると、乗り物の乗り降りが楽になるだけでなく、乗車回数に応じて運賃も割引になります。詳細は省きますが、現地で電車を頻繁に使う予定がある場合は、絶対に手に入れることをおすすめします。

ただし、乗り越し精算・払い戻し精算はしてもらえないようなので、チャージするときには金額を考えつつチャージした方が良さそうです。

opalカードにはスマホ用のアプリ「Opal Travel」が用意されており、路線検索や運賃の計算は全てアプリで可能です。また、自分のOpalカードの番号を登録しておくと、残高の確認も可能です。自分は2回目以降のチャージでは運賃を計算して、チャージしすぎることがないよう注意していました。

 

opalカードのホームページはこちらです↓
https://www.opal.com.au/

 

シドニーには路線が様々ありますが、路面電車を除いて全て2階建てでした。

f:id:milekozou:20170403221216j:plain

f:id:milekozou:20170403221346j:plain

中の様子。この写真の車両はきれいですが、たまに冷房さえついていない古い車両もありました。

f:id:milekozou:20170403221440j:plain

中の座席は自由席ですが、お年寄りなど座席を必要としている人がいたら、席を譲ることが徹底されているようです。

 

今回の旅はほとんどが徒歩&電車でしたが、移動に不自由を感じたことは一度もありませんでした。電車は路線網が充実している上、本数も多いので、便利に使うことができます。

タクシーでの移動も快適ですが、現地の乗り物を楽しむのも一つの醍醐味。ぜひトライしてみて下さい。ハードルは全然高くないと思います。

 

今回はここまでにします。

今回は空港から市街地に出た後、電車での移動の話だけで終わってしまいましたが、次回は現地での観光・食事の様子を具体的にお伝えしていきます。

最後までお読み頂き、ありがとうございました。

ブログランキング・にほんブログ村へ