読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マイル小僧のマイペース修行記&旅日記

駆け出しの陸マイラーによるマイル集め奮闘記&旅日記。2017年にSFC・JGC修行をはじめました!

シンガポールSFC修行記(2)那覇~成田の移動と出国手続き

SFC修行 ANA シンガポールSFC修行

こんにちは、マイル小僧です。

今回はシンガポールSFC修行記第2弾です。那覇空港から成田空港までの移動と、成田空港での出国手続きの様子についてお伝えします。

 

 

シンガポール修行のフライト計画

今回のフライト計画はこちらです。

f:id:milekozou:20170401223559p:plain

前回までのSFC修行記

那覇空港で手続き

空港カウンターは外国人で大混雑

あえてオンラインチェックインせず、カウンター発券してもらいました

さて、那覇空港に到着したら、3階のカウンターで旅作の搭乗手続を行います。
国際線手続カウンターに向かうと、大行列…。行列に並んでいる大半が外国人で、自分と同じ那覇⇒成田便を利用して、そのまま国際線で帰国するようです。

国際線を利用する場合、出発時間の24時間前になるとANAのホームページ上でオンラインチェックインをすることが可能です。オンラインチェックインをすればカウンターに並ぶ必要なくそのまま保安検査場へ行けるのですが、紙の搭乗券が欲しかったのであえてオンラインチェックインせず、カウンターで発券していただきました。

さて、20分ぐらい並んでようやく発券できました。

プレミアムエコノミーの旅作では、国内線区間は普通席

旅作でプレミアムエコノミーを利用すると、国内線区間は普通席で予約されます。

私はまだ一般会員なので、普通席を利用する場合はANAラウンジは利用できません。従って、搭乗時刻までは通常の待合席で待機する必要があります。

那覇⇒成田便の様子

外国人だらけ!これは本当に国内線か??

この搭乗ではANAラウンジは使えませんが、発券しているうちに時間が随分と過ぎたので、保安検査場を通過してそのまま搭乗口に向かいました。

搭乗口前の様子はこちらです。

f:id:milekozou:20170409134545j:plain

少し分かりにくいかもしれませんが、ほとんどが外国人でした。

アメリカ軍基地沖縄県内に多いからでしょうか?アメリカのパスポートを持っている人が多かったように思います。そのまま成田から国際線に乗り継ぐようでした。

ダイバートの可能性アリ??

この日関東では強風が吹いていたため、出発時刻1時間前までは「天候調査中」の表示がなされていました。

私は天候調査の結果が出た後に保安検査場を通過しましたが、そのときに受け取った保安検査証にこんな記載が…。

f:id:milekozou:20170409134853j:plain

「強風のため東京/成田空港に着陸出来ない場合は、東京/羽田空港または名古屋/中部空港に向かう可能性もございます」と。

このように到着予定空港以外の空港に向かうことを「ダイバート」と言います。

今回のフライト計画では、成田空港14:20着⇒成田空港16:30発でシンガポール便に乗り継ぐ予定だったので、ダイバートになるとシンガポール便には間に合いません。
とても落ち着いていられませんでしたが、パイロットを信じて2時間20分のフライトに臨みます。

これまで経験したことのない揺れの後、成田に着陸

着陸態勢に入ったとき、成田への着陸を試みる旨、操縦席から機内放送で案内がありました。
雲の下に抜けると、ものすごい砂嵐でした。成田空港に着陸できるかどうかよりも、むしろ飛行機の安全を心配してしまうほどの揺れがずっと続きます。自分の座席周辺に座っていたアメリカ人もガヤガヤと会話しながら心配しています。"It's scary."と。

揺れに揺れた後、無事着陸に成功しました。機内では拍手が起こります。機内で拍手が起こるなんて初めてでした(笑)

成田空港での出国手続き

成田空港では沖止めでした

ターミナルまではバスで移動

成田空港到着後、飛行機はターミナルには入らず、沖止めとなりました。従って、飛行機からターミナルまではバスで移動します。

ターミナル到着後、国際線乗り継ぎの案内表示に従って移動すると、歩いて1分弱で出国審査カウンターに到着しました。国内線からの乗り継ぎ客専用に通路・出国審査カウンターが設置されているようです。ただ、カウンターは4~5個しかありません。

バスに乗り込んですぐのタイミングでドアが閉まり、ターミナル到着後一番にバスから降りることが出来たので、出国審査カウンターには一番早く辿り着きました。出国審査を終えて後ろを振り返ると大行列が出来ていたので、かなりラッキーでした。
(次からドア際確保のため、バスに乗車するタイミングを見計らおうかな…←)

国内線から直接出国審査を受ける場合の注意点「制限エリア外には戻れない!」

国内線から国際線に乗り継ぐ場合、出国審査場に直結するこの通路はとても便利です。

しかし、ここで出国審査を終えてしまうと、成田空港の制限エリア外には戻れません。
従って、モバイルWi-Fiのレンタルをしている場合など、成田空港の出発ロビーに用件がある場合には、そのまま出国審査場へ行かずに、一度到着口から外に出る必要があります。十分に注意してください。

 

少し短いですが、今回はここまでにします。

次回は成田空港でのラウンジ利用の様子についてお伝えします。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ