読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マイル小僧のマイペース修行記&旅日記

駆け出しの陸マイラーによるマイル集め奮闘記&旅日記。2017年にSFC・JGC修行をはじめました!

【ANAマイル】ソラチカカードとワイドゴールドカードの2枚持ち

マイル クレジットカード ポイントサイトの基本 ANA ポイントサイト情報

こんにちは、マイル小僧です。

今日はANAマイルを貯める上でバカにはできない「ANAカード」について、私が使っている「ソラチカカード」「ANAワイドゴールドカード」を中心にお伝えします。

種類さまざまなANAカード

一口にANAカードといっても、カードの種類・ランク・発行元のクレジットカード会社によってラインナップは様々です。

カードラインナップ → https://www.ana.co.jp/amc/reference/anacard/ichiran/

ポイント交換で強烈な威力を発揮、「ソラチカカード」

陸マイラー必携のソラチカカードとは

f:id:milekozou:20170327225640p:plainANAホームページより)

陸マイラーにとって必需品となるANAカードがこちらの

ANA To Me CARD PASMO JCB(通称:ソラチカカード)】

です。

カードの名前からお察しかもしれませんが、このANAカードはANA東京メトロがポイント提携しているカードです。

このカードの一番の特徴は、
東京メトロポイント→ANAマイル に高還元率でポイント交換可能】
な点です。

「高還元率で交換可能」とはどういうことか、ハピタスを例に具体的に見ていきましょう。

【通常ルート】10,000ハピタスポイントをANAマイルに交換

ハピタスについてはこちらの記事でも紹介しています。陸マイラーが出費0円でマイルをゲットするために必要不可欠なポイントサイトです。

登録はこちらのリンクから可能です(このリンクからの登録で30ポイントがプレゼントされます)。
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

 

さて、ハピタスでゲットした10,000ポイントをANAマイルに交換しようと思うと、
「ハピタス」→「.money」→「東京メトロ」→「ANA
の順にポイントを移行していくのが一般的です。

このルートでポイントを交換していくと、ポイント数は以下のようになり、最終的なマイル獲得数は6000マイルとなります。

f:id:milekozou:20170327230859p:plain
ポイ探による検索結果:http://www.poitan.net/

しかし、陸マイラーの多くが保有するソラチカカードを利用すると、次のようになるのです。

【ソラチカルート】10,000ハピタスポイントをANAマイルに交換

まず、交換結果を見ていただきましょう。

f:id:milekozou:20170327231308p:plain

先ほどの通常ルートの獲得マイル数6,000マイルに比べ、9,000マイルも獲得できることになっています。
この違いはどこにあるのでしょうか?

答えは「東京メトロ」→「ANA」の交換比率にあります。

東京メトロポイントをANAのマイルに交換する際、

・非ソラチカ会員→10:6のポイント比率で交換
・ソラチカ会員 →10:9のポイント比率で交換

と、ポイント交換比率に大きな差があるのです。

多くの陸マイラーはこの交換比率を目当てにソラチカカードを保有し、ソラチカカードを経由したポイント交換ルートのことを「ソラチカカード」と呼んでいたりします。

別の言い方をすると、陸マイラーがソラチカカードを保有する目的はこのポイント交換比率を活用することであって、クレジット決済で使うことではないのです。
大抵の陸マイラーはこのカードとは別に決済用のクレジットカードを保有しています。

私も実践、ソラチカルートで毎月18,000マイル

このソラチカルートを利用すると、毎月最大18,000マイル加算が可能になります。

次の画像をご覧ください。

f:id:milekozou:20170330104930p:plain

f:id:milekozou:20170330104939p:plain

f:id:milekozou:20170330104945p:plain

f:id:milekozou:20170330104953p:plain

こんな感じで、毎月18,000マイルを獲得しています。

普通の暮らしをしている私でも、このように大量のマイルを獲得することが可能なのです。

18000マイルを1年間毎月獲得できれば、18000×12=216000マイルを手に入れることが可能になります。

このソラチカルートの威力は強烈です。

私の決済用ANAカード「ANA VISAワイドゴールドカード」

ANAカードを2枚持つ?

これまでの記述の通り、私は
・ソラチカカード(ポイント交換用)
ANA VISAワイドゴールドカード(決済用)
の2枚、ANAカードを保有しています。

実は、ANAカードはカードブランド(VISA、JCBなど)が違えば、複数枚保有することが可能なのです。
従って、私のようにポイント交換用と決済用に分けて2枚のANAカードを持つことができます。

わざわざ決済用にANA VISAワイドゴールドカードを持つ理由

f:id:milekozou:20170327233606p:plainANAホームページより)

こちらをご覧いただくと、このゴールドカードの年会費は【14,000円+消費税】と高額なため、ソラチカカードと別に保有することについてバカバカしいと思われるかもしれません。

しかし以下の2点を考えれば、2枚持ちのメリットは非常に大きいのです。

①マイペイすリボ+WEB明細書サービスの登録で年会費割引

これは三井住友VISAカード独自のサービスです。
私がVISAを選択した理由はここにあります。

マイペイすリボとWEB明細書サービスの両方に登録すると、年会費が

【9,500円+消費税】

まで割引されます。

(1)マイペイすリボ

リボ払いは手数料が発生するのでイヤだという方も多いと思いますが、毎月の支払額を高めに設定しておくことで手数料の発生を避けることが可能です。
また、利用額が設定した毎月の支払額を超えた場合も、インターネット上やスマホアプリで設定額の変更ができるので、やはり手数料の発生は避けられます。

(2)WEB明細書サービス

クレジットカードの利用明細書をWEBで確認・印刷するだけで年会費が割引になる特典です。これは利用しない手はありません。

②VISAのワールドプレゼントポイント→マイルの交換比率が良い

厳密には少々正確性を欠きますが、わかりやすさを優先してざっくりと説明します。

ソラチカカードを発行する際、
(1)決済額100円につき0.5マイル貯まるプラン
(2)決済額100円につき1マイル貯まるプラン
のどちらかを選ぶことができます。

当然(2)を選びたくなりますが、(2)の選択には年会費2,160円(税込)にプラスして5,400円(税込)のマイル移行手数料が発生します。
つまり、【実質的な年会費は7,560円】になります。

一方、ANA VISAワイドゴールドカードでは、先ほどの
「決済額100円につき1マイル貯まるプラン」
を利用しても年会費は変わらず【9,500円+消費税】のままです。

そして、ANA VISAワイドゴールドカードはれっきとしたゴールドカードなので、ゴールドカードホルダー向けのサービスとして、
・充実した旅行保険
・空港のゴールドカードラウンジの利用
などが与えられるほか、
・毎年のカード継続ボーナス2,000マイル(ソラチカ含む一般カードは1,000マイル)
ANA搭乗ボーナスマイル25%(ソラチカ含む一般カードは10%)
など、マイルも圧倒的に貯まりやすいのです。

つまり、ソラチカカードとは別にANA VISAワイドゴールドカードを保有し、決済には専らゴールドカードの方を使用することには十分な価値があるのです。

SFC修行をするなら尚のことワイドゴールドにすべき!

ここから先は「SFC修行」にかかわる話なので、興味のない方は読み飛ばしていただいても構いません。

修行には多くのマイルが必要になるほか、修行期間中は何度も飛行機に乗ることになるため、投稿ボーナスマイルが多いワイドゴールドカードは絶対に保有しておくべきです。

さらに、スーパーフライヤーズになっても、100円=1マイル獲得とする場合には
・スーパーフライヤーズカード=手数料発生
・スーパーフライヤーズゴールドカード=手数料無料
と待遇に差があるため、スーパーフライヤーズ会員資格を得た場合、スーパーフライヤーズゴールドカードを申し込むのが一般的です。

予めワイドゴールドカードカードを保有しておけば、スーパーフライヤースゴールドカードへの切替には審査がありませんが、ゴールドカードよりランクが下のカードから切り替える場合、カード会社による審査が行われます。

従って、最悪の場合
「せっかく苦労してスーパーフライヤーズ会員資格発生まで飛行機にのりまくったのに、スーパーフライヤーズカードの発行に失敗した」
という自体が発生しかねません(可能性は低いですが…)。

従って、
・効率的なマイル積算
・スーパーフライヤーズゴールドカードのスムーズな発行
の両面から考えて、修行前にワイドゴールドカードを発行しておくのが賢明でしょう。

私もこの理由でワイドゴールドカードを発行しました。

申込は可能な限りポイントサイト経由で!

クレジットカードの申込は、多くのポイントサイトに広告掲載されています。クレジットカード会社の公式ページから申し込むより、ポイントサイト経由で申し込んだ方がお得です。

残念ながらANAカードはポイントサイトに広告が掲載されていない時期もありますが、申し込む前にまずはポイントサイトに広告がないか確認してください。

私がおすすめしているポイントサイトはハピタスです。
ページ右のサイドバーに掲載しているリンクからハピタスに登録いただくと、30ポイントがプレゼントされます。

 

すっかり長くなってしまいました。

最後までお読み頂きありがとうございました。

にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ